キャッシングを比較するならココを見よう

Posted by lpadmin - 7月 17th, 2015

キャッシングを比較する時に見るべき項目を、あなたはきちんと把握していますか?
そのあたりをきちんと確認してから申し込まないと、あとで痛い目にあうのは自分自身です。
借入をするときの項目だけでなく、返済をするときの項目にもちゃんと目を通すことをおすすめします!


キャッシングを利用するときに見るべき項目

キャッシングを利用する前に、借入と返済に関して見て欲しい項目はたくさんあります。
金利、利用限度額、利用可能ATM、返済日・方式・方法などがありますが、重要視してほしいのは返済に関する項目です。
利用する前は、審査が簡単か即日で借りられるかなど甘い考えになってしまい、つい返済のことについて考えることを忘れがちです。
しかし、実際に大変なのは借りることよりも返すことなのです。


返済に関して重要視してほしいこと

返済に関する項目の中でも、特に重く受け止めて欲しいのが返済方式です。
基本的にキャッシングというのは分割払いが基本で、その中でもさまざまな方式に枝分かれしています。
その中に、利用者から甘い蜜を吸うような方式があり、それが残高スライドリボルビングというものです。
元金が減っていくことで毎月の返済額も減るものですが、利息を払う期間が長くなりすぎてしまうので避けるようにしましょう。
しかし、現在のキャッシングの多くはこの手法をとっているため、避けるのが難しいときもあります。
そのような場合は、手元に余裕があるときにどんどん返していくことで対応しましょう。

冠婚葬祭にもキャッシングが便利

Posted by lpadmin - 2月 12th, 2015

自分の為に使いたくて借入している方もいますが、やはり一番困ってしまうのが冠婚葬祭ではないでしょうか?
結婚式にしてもお葬式にしてもまずは身だしなみが大事ですから、洋服からそろえることになりご祝儀やお香典などの準備があります。
冠婚葬祭は突然やってくるものですので、お金が準備できない場合もあります。
そんな時にキャッシングが非常に便利で、とても助かり頼もしい存在となるのです。


キャッシングは責任感を持って

冠婚葬祭だと少しまとまった金額を用意した方が良いので、ご自分が返済できる範囲内での借入がおすすめです。
キャッシングして安心してしまっている方がいるようですが、完済し終えるまでが一括りですので責任感を持ちましょう。
よくキャッシングして返済になるときが緩んでしまう方がいますが、気をゆるませるのは返済を終えてから。
現在では目的ローンと言って、色々な目的のために用意されているローンもあるので、色々比較してから決めてみても良いでしょう。


目的ローンとキャッシング

上記で、目的ローンがあるとお話しましたが、もちろん冠婚葬祭のために用意されているローンもあります。
教育に使用できるものもありますし、住宅ローンもありますので、そういった目的ローンを比較しておくのも良いですね。
通常のキャッシングの方が良いのか、それとも目的ローンを利用した方が良いのかよく比較を。
たまに利息が異なることがあるのでその点も注意。

怖いイメージのあるキャッシング?

Posted by lpadmin - 2月 12th, 2015

消費者金融に対して怖いイメージを抱いている方も、まだ多いのかもしれません。
ドラマの影響や闇金融の印象が強いがために、そういったイメージが染みついてしまったのだと思います。
例え返済が少しだけ遅れてしまったからといって、取り立てに怖い人がやってるなんて言う事はありません。
遅れてしまった時はきちんと担当者から連絡がかかってきますので、怖い方が自宅や会社まで来ることはありません。


キャッシングはとても便利

お金を借りる事はそんなに怖い事ではないので、安心して利用することが出来ます。
どうして怖いことになってしまうのかと言いますと、後先考えずにキャッシングしてしまう事が原因なのではないかと思います。
返済できない事を知っているのにキャッシングしてしまったとか、返済の事を考えずにただ便利で借りてしまったとか。
お金に対してルーズな方ですと怖い思いをしてしまうのかもしれませんね。
でも、正しく使っていれば何も怖い事は無いので安心して下さい。


比較して選ぶ

金融機関のそれぞれの良さを見比べてから決めている方も多いと思います。
金利や審査、使いやすさを比較して目的で使い分けるのも一つの良い方法ですので、ぜひそうしてみて下さい。
同じ消費者金融でもアピールポイントが違いますし、銀行もまたメリットが異なるため比較は必ずしておくべきだと思いますよ。

キャッシングっていくらから出来ますか?

Posted by lpadmin - 2月 12th, 2015

金融機関からお金を借りることが出来るのは知っているけれど、いくらから借りられるのかご存知ですか?
まさか、どこも同じ金額だと思っている方はいませんよね・・・?
比較していただければお分かりかと思いますが、消費者金融であれば1万円からキャッシング出来る場所が多くなっていて、アイフルでは1000円から借入が出来るようになっています。
ですから、アルバイトやパートの方、主婦の方でも安心してご利用いただくことが出来るのです。


キャッシングは賢く利用する

借り入れをする時はただ普通に借りるのではなくて、キャンペーンなどを活用してみてもいいでしょう。
プロミスでは初めての利用者に限り30日間無利息キャンペーンを行なっていますから、このキャンペーンを活かしてキャッシングしてみませんか?
もちろん、レディースプロミスでも同じキャンペーンを行なっていますので、初めてキャッシングされる女性はぜひ。
お得ですから、どんどん利用していきましょう!


いつでも希望額を借りたいなら

どんな時でも出来れば自分が希望した金額を融資してもらいたいという方は、普段からしっかり返済されることをお勧めします。
返済しなければそれだけキャッシング出来る金額が少なくなってしまいますから、利用したら返済は早めに行ってしまう方が良いと言えます。
また、クレジットカードを利用している方は消費者金融を利用する際、規制が関係してきますので同じくこちらも気を付ける必要があります。

キャッシングする場所を比較しよう

Posted by lpadmin - 2月 12th, 2015

借入をするとなった時、自分の目に入ったものを選び即決して申し込む方がいますが、その選び方は間違っているかもしれません。
きちんとその金融会社の事を調べて他社と比較をしなければ、簡単には決めることが出来ないものです。
金利だって異なりますし返済の仕方だって違いますから、最初にその点をよく見比べておく必要があります。
比較の仕方が今一よく分からないという方は、キャッシングの人気ランキングサイトがありますので、そちらを参考にしてみてはどうでしょう?


キャッシングはどこでする?

お金が借りられる場所は、消費者金融と銀行ですのでどちらが自分に合っているのかよく考えてみましょう。
消費者金融でキャッシングする際、審査は普通で比較的に借入もしやすくなっているのが特徴で、即日融資や審査が出来るようになっています。
しかし、銀行は審査に時間がかかってしまいますし消費者金融よりもやや審査が厳しめになります。
金利が安いのは銀行なのでこちらでキャッシングしたい方は、少し余裕を持って申し込むと良いでしょう。


総量規制を考える

総量規制の対象となっている消費者金融では、自分の年収3分の1までしか借入が出来ません。
そのため、年収の低いアルバイトやパートの方はキャッシング出来る金額がその分低くなってしまう為、銀行がおすすめです。
銀行は規制の対象外になっているので、自分の年収に見合った金額内でのキャッシングが出来ます。
それぞれ比較してみますと、いいところや悪いところがありますのでしっかり見比べていきましょう!